>
上田看護専門学校

 

上田看護専門学校

 

 本校の特徴

  准看護師から看護師資格の取得をめざし、多くの学生が引き続き学びを続けることができます

             

 本校の設置目的・設立の主旨と目的
  1. 上田市医師会設置目的 
    医道の高揚、医学技術の進歩、普及及び公衆衛生の向上を図り、社会福祉の増進を目的とする。
  2. 本校設立の主旨と目的
    本学校は、保健師助産師看護師法及び学校教育法の規定に基づき、看護師・准看護師として必要な知識及び技術を教授し、豊かな人間性を養い、看護専門職業人としての自覚と責任を持ち、地域社会に貢献し得る有能な人材を育成することを目的とする。
ページ上部へ
 教育の理念

 本校は、『人間としての自己成長とともに、人間性の尊重を基盤に看護専門職者としての自覚と責任をもち地域社会に貢献できる人材の育成をする』ことを、教育理念としています。

 看護は、対象となる人々との『人間関係』を基盤に、人間の『健康・生命』に携わる職業です。人々が自身の健康の状態に応じて、人間らしく喜びを感じながら安全・安楽に自立した日常生活を過ごせるよう援助することが看護の役割であると考えています。そのために基礎看護教育の場で育んでいかなければならない能力は、生命の尊厳と人間愛を基盤に、幅広い対象に対応できる豊かな人間性、科学的根拠に基づいた看護実践ができる能力、生命の安全を守るための判断力・行動力、主体的・継続的に学習に取り組める能力です。さらに「自ら考える」「自ら学ぶ」姿勢が、求められる看護を創造する力につながっていくと考えています。

 これらの能力は、人間の『健康・生命』に携わる専門職であるという「自覚」と「責任」の中に包含されるものであり、ひとりの人間としてまた専門職業人として自己の人間的成長をとおして培っていかれるよう支援していきます。

 

看護学科

【教育目的】

  1. 看護実践するために必要な基礎的知識・技術・態度を身につける。
  2. 専門分野について自ら学習・研究する態度を身につけ自己の人間的成長をめざす。
  3. 看護の役割(使命)を果たすことを通じ地域社会に貢献できる。

【教育目標】

  1. 対象となる人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として、幅広く理解できる。
  2. 人々の健康上の課題に対応するため、科学的根拠に基づいた看護を実践できる基礎的能力を養う。
  3. 健康の保持・増進、疾病予防と治療、リハビリテーション、終末期等、健康や障害の状態および変動する社会状況に即した看護を実践するための基礎的能力を養う。
  4. 専門職業人として安全な看護を実践するための能力(判断能力・倫理に基づいた行動・確実な技術)を養う。
  5. 常に問題意識をもち、主体的・継続的に学習する態度を養う。
  6. 保健・医療・福祉制度と他職種の役割を理解し、チーム医療を実践するとともに、人々が社会的資源を活用できるようそれらを調整するための基礎的能力を養う。
准看護学科

【教育目的】

  1. 准看護師として必要な知識・技術・豊かな人間性を養う。
  2. 職業人としての自覚と責任を持ち、自己の人間的成長をめざす。
  3. 看護の役割を果たすことを通じ、地域社会に貢献できる。

【教育目標】

  1. 看護の概念が理解でき、看護の対象である人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として、幅広く理解できる。
  2. 対象の健康上の問題を解決する為に、原則原理に基づいた看護技術を応用実践できる基礎的能力を養う。
  3. 保健医療チームにおける准看護師の果たす役割について理解し、准看護師としての責務を認識し、他職種と協力できる能力を身につける。
  4. 対象を尊重し、対象の持つ多様な価値観を認識し、倫理に基づいた行動が取れる。
  5. 自己研鑽できる態度を身につける。
  6. 調和の取れた社会人として、教養を身につけるとともに、豊かな感性に基づき、より深い人間性を養う。
ページ上部へ

 

 施設紹介
 
学校   講堂(入学式)
 
教室   図書室
 
更衣室(学生用)   実習室
 
在宅実習室①   在宅実習室②
 
在宅実習室③   在宅実習室④
ページ上部へ

   

 

 

沿 革 

 

 昭和27年5月1日

上田市医師会附属准看護学院開校

5月1日を創立記念日とし、以後毎年この日に戴帽式が行われている

 昭和46年4月1日

長野県医師会附属上田高等看護学院開校(私立各種学校設置)

2年課程が開校する

 昭和62年9月30日 長野県医師会から上田市医師会へ設置者を変更する
 昭和63年4月1日

上田高等看護学院の設置者変更に伴い、准看護学院との統合を図る

上田市医師会付属看護専門学院 看護学科・准看護学科 と名称を変更し

新体制として開校する

平成13年4月1日 看護学科、開校時間を変更する(夜間定時制⇒昼間定時制に移行)
平成21年4月1日 専修学校の認可を受ける
平成22年4月1日 上田看護専門学校 看護学科・准看護学科 と名称を変更する

 

ページ上部へ
 概 要

   名称:上田看護専門学校

   位置:上田市医師会館内

   住所:〒386-0012 長野県上田市中央2丁目22番10号

   学科及び定員:

学  科 入学定員 総定員
 看護学科(2年課程・定時制) 40名 120名
 准看護学科 40名  80名

80名 200名

   修業年限:看護学科  3年(定時制のため3年間の修業が必要となります)

         准看護学科 2年

ページ上部へ

 

 学費・奨学金

 

 学費

  看護学科 准看護学科
 入学金 70,000円 50,000円
 授業料 (年額)360,000円 (年額)300,000円
教材費

(年額)20,000円

---
施設設備費 80,000円 40,000円
その他

クラス費:(年額)70,000円

実習準備、健康診断、傷害保険、

国家試験関係他

校外研修費:15,000円

教科書・参考書代:約150,000円

クラス費:(年額)40,000円

校外研修費:20,000円

教科書・参考書代:約75,000円

白衣代:約10,000円

卒業までの合計 約1,665,000円 約875,000円

  *授業料・クラス費は、前期・後期と2期に分けての支払いになります

  *クラス費は、卒業時に残額があった場合は返還します

  *入学金以外の前期納入金は、入学後4月中旬の支払いになります

    (看護学科:約480,000円  准看護学科:約305,000円)

 

 奨学金

看護学科

 ・長野県看護職員修学資金

 月額 36,000円(選考)

・上小医療圏看護職員修学資金

3年次のみ 月額60,000円(選考)

・上田市医師会修学資金

3年次のみ 月額30,000円(選考)

・高等技能訓練促進費

(母子・父子家庭の方)

・その他

 

 

准看護学科
 奨学金制度・その他の支援制度名称 申込方法   対象者・関連条件等

 

.

 


 

★長野県看護職員修学資金 学校経由 

 看護職員の業務に従事しようとする方を対象に、県から貸与される修学資金です。但し、選考によります。

【貸与額】月額21,000円(2年間)

★就職先病院からの奨学金 直接申込 各医療機関が独自に実施している奨学金制度です。ご希望の方は直接病院にお問い合わせください。
その他の制度(国の教育ローン等) 直接申込 国の教育ローンとして日本政策金融公庫が実施している、教育一般貸付などです。ご本人及びご家族が直接ご契約いただきます。

 
 
 

高等職業訓練促進給付金 直接申込

母子又は父子家庭であって、20歳未満の者を扶養している方に給付されます。

【支給額】

月額100,000円(市町村民税非課税世帯)

月額 70,500円(市町村民税課税世帯)

高校生等奨学給付金  学校経由  高等学校等における教育にかかわる経済的負担の軽減のため、授業料以外の教育費負担の軽減を目的として行われている事業です。市町村民税非課税世帯の方が対象となります。


 

私立高等学校等

就学支援金

 学校経由

 高等学校を卒業されていない方が対象となります。

支援金は授業料に充当されます。

私立高等学校等

学び直し支援金

 学校経由

 高等学校等を中途退学した方が、再び高等学校等で学び直す場合で、上記「私立高等学校等就学支援金」の支給期間が終了している生徒が対象となります。

(卒業するまでの間の最長2年間)

  ★印は一定条件を満たせば返還免除となります。

  ●日本学生支援機構の奨学金は専修学校高等課程のため、当学科では受けられません。


ページ上部へ