両学科共通

 

Q1 募集要項はどこに行けば貰えますか
A1

学校に直接来ていただければ、すぐにお渡しします。月曜~金曜日の9時から17時、土曜日9時から12時までにお越しください。

郵送ご希望の方は、送付先住所・氏名・電話番号・希望の学科名をメールまたは電話にてお知らせください。

 

Q2 オープンキャンパスに参加できますか
A2

当校は実施しておりません。

個別に対応しますので、電話またはメールにてご連絡ください。

 

Q3 過去の問題集はありますか
A3 両学科とも、入試問題は公表していませので、過去の問題集はありません。

 

Q4 年齢制限はありますか
A4

年齢制限はありません。大半の学生が高校卒業以上です。また、近年、受験生の半数以上が社会経験者、短大、大学卒業という傾向です。30・40歳以上の学生も頑張っています。

 

Q5 学校に寮はありますか
A5

本校に寮はありません。自宅が遠い学生はアパートを借りています。

なかには、医療機関の寮に入っている学生もいます。

 

Q6 医療機関に必ず勤めるのですか
A6

勤務は強制ではありません。主婦や事情のある方、学業に専念したい方などは、仕事をもたず通学しています。

 

 

Q7 入学後、自動車通学できますか
A7

車での通学は可能ですが、本校には専用の駐車場がありません。駐車場については有料駐車場を利用して頂くようになります。

入学後、近隣の駐車場のご紹介は出来ます。(多少割引があります)

 

 

Q8 奨学金については
A8 長野県看護職員修学資金があります。規定により選考され、入学後手続きをする様になりますが、人数制限もあり希望すれば全員が受けられるわけではありません。審査の後、最初に修学資金を受けとれるのは、早くても9月以降です。

 

 

 

看護学科について

 

Q1 中卒で准看護師として働いています。看護学科受験はできますか
A1

准看護師の免許を取得し、3年以上業務に従事した方は受験することができます。

可能であれば高卒認定(高等学校卒業程度認定試験)を受けることをお勧めします。

 

Q2 働きながら学習できますか
A2

登校日以外の曜日に仕事を組み学習と仕事を両立させている学生は多いです。

ただし3年次は通年実習が組まれますので、1~2年次のような仕事の組み方はできなくなります。

学習面、経済面において計画的にすすめてほしいと思います。

 

 

 

准看護学科について

 

Q1 受験科目の出題範囲は
A1

出題範囲は高校入試程度で、各科目40分です。国語は、古文・漢文を除いています。

受験対策としては高校入試問題集を解くことをお勧めします。

 

Q2 入試の倍率は
A2 倍率は毎年異なりますが、近年の状況を平均すると約1.5~2倍です

 

Q3 准看護学科ではなく、併設の看護学科にすぐに入学したいのですが
A3 高校生からよくある質問ですが、本校の看護学科は准看護師が看護師になるためのコースですので、准看護師又は衛生看護科の高校卒業(卒業見込)以外は受験できません

 

Q4 准看護学科卒業後の進学先を教えてください
A4

学生の6~8割が進学しますが、進学先として一番多いのは、やはり本校の看護学科です。

近年の傾向としては県内の学校を希望する学生が多いです。(本校看護学科への推薦制度があります)

 

Q5 高校中退なのですが受験できますか
A5 准看護学科の入学資格は中学校卒業以上なので、もちろん受験できます。しかし、看護学科(二年課程)において看護師になるために進学する場合は、すぐには進学できず、准看護師として実務経験3年以上が必要となります。高等学校卒業程度認定試験合格者の場合は高校卒業者として扱われます